個人の話

みんなが主役「ミニカーの会」が良かった理由

こんにちは。

株式会社わたしはのヨシミネです。

わたしがNさんと共同主催しているコミュニティに「ミニカーの会」というものがあります。

これはただ飲みながら

1人5分自分のことを何でもいいから話す
周りの人は聴いて質問する

という会です。

これが主催者が驚くくらいに好評です。

なぜなのか、その理由を考えてみます。

一般的な集まりはそもそも喋れない

異業種交流会はたくさんあります。
わたしも参加してきました。

でもだいたいが、

・近場の人と名刺交換をして、当たり障りのない会話をしておしまい
・話の内容が印象に残らない
・勧誘目的が多い
・名刺だけが集まって、あとの関係につながらない
・話がしやすい一人と、手持ち無沙汰が怖くてずっと話してしまう

となっていないでしょうか?

つまり、人と話したようで話してない、ということだと思います。
意味ないじゃーん!

良かった理由①1人5分喋り続けると、その人らしさが出てくる

では、ここからは手前味噌ですが、ミニカーの会が好評な理由を書いていきます。

1〜2分だと当たり障りのないこと、表面的な仕事の話をしててもごまかせるのですが、5分一人で喋り続けるとなると、その人らしさが出てくるのだと思います。だから、聞いている方も面白い。

ビジネスで知り合った人が、趣味の話をしていると意外性があって面白いですし、趣味の話も突っ込んでいくと、仕事のこだわりにつながったりして。人に自由に話してもらうとこんなに面白いんだなということを実感しています。

いただいた感想の中に、「大勢がいると聞き手に回ってしまい、話すのが苦手ですが、5分という時間をもらうことで自分も話ができました」というのがあって、改めて一人5分しゃべってもらうことにして良かったなと思っています。

良かった理由②日常で5分間、自分の話を他人に聞いてもらうことがない

2つめはこれ。実はみんな他人に自分の話をじっくり聞いてもらうことがないんじゃないかな。

仕事について話そう、家庭内の問題について話そうとかはあるかもしれませんが、何でも好きなことをじっくり話すということがないんじゃないかな、と思います。

だから、聞いてもらえると嬉しい。聞いてもらって、みんなに質問をしてもらうと、自分の中から話をするエネルギーが出てくる。

そういうエンカレッジがあるのが、いいなぁと思います。

年齢もバラバラなので、いいアイディアをもらうことも出来ますし、若者の夢の話を聞くのも惚れ惚れします(笑)

良かった理由③人選が良かった

あつまるメンバーが良かった、というのはあらゆるコミュニティに言えることだと思いますが、大事なことですよね。

ミニカーの会では、みなさん、人の話にポジティブな態度で臨みますし、好奇心で質問をされますし、良い方が集まってくださってよかったなーと思います。

これからメンバーが増えるとどうなるかわかりませんが、紹介制にしているので、会の趣旨に共感してくださる方とお話ししていければいいなと思います。

いただいた感想に、「いろんな会がありますが、こんなに人を利用(勧誘)目的じゃなくて人を大切に集まる会は初めてです」というのがあって、とても嬉しかったんですけど、ここは守っていきたいなと思います。

「ミニカーの会」に対する想い

どんな物事でも、発端となる意図が大事だと考えています。ここでは、どんな意図と想いで始めたのかを書きます。

「ミニカーの会」はたまたま出会ったNさんとコミュニティつくりたいね、と言ってはじめました。

はじめてお会いした時に、

「全員が主役になって喋れる場所がほしい」
「誰かが一方的に話したりしたくない」
「みんなが話すことで、社会的な問題とか、これからの変化とかについて話せたらいいね」
「何かしたいという人がヒントを見つけられたらいいよね」

といったことを話しました。

「社会の役に立ちたい」「みんなと話す中で自分ができることを見つけたい」というのはNさんの思いで、それが「ミニカーの会」の根底にあることで会が浮ついたものにならないのかなと思います。

私は、誰か偉い人の話を拝聴することよりも、すでに一人一人の中にあるいいものを出すことの方が大事だと思っています。

そういう2人の考えが共感して、この会が生まれました。

その結果、ポジティブなエネルギーを持った人が集まってきてくれたのはすごく嬉しい。

会の性質上、口コミでの参加に限定していますが(人選が大事だと思うから)、ゆっくりゆっくり、人を大切にして友達の輪が広がっていくといいなと思っています。

大人になっても友達ってできるのかな?というのが裏テーマで、最近のわたしの結論は「できる!」ですが、それを他の人にも広めることができたら、ハッピーです。

ではー。